007 ジェームズ・ボンドと酒

1.シャンパン編

007ジェームズ・ボンドの部屋 JAMES BOND

原作およびスクリーンのジェームズ・ボンドは、「ドン・ペリニヨン」(Dom Pérignon)を好む。

 

 

007ジェームズ・ボンドの部屋 JAMES BOND

「ボランジェ」(BOLLINGER)は、ボンド映画にはお馴染みの銘柄である。

画像は「ムーンレイカー」の冒頭のシーン。

007ジェームズ・ボンドの部屋 JAMES BOND

原作「カジノロワイヤル」や映画「ロシアより愛をこめて」ではテタンジェ(TAITTINGER)が出てきます。

 

しかし、「BOLLINGER」はボリンジャー、「TAITTINGER」はタッティンジャーと読んで恥をかきそうな名前ですね。

 

 

007ジェームズ・ボンドの部屋 JAMES BOND

ボンドにとって、ギャンブルとシャンパンは切り離せない。

(画像は私が所有している「カジノロワイヤル・セット」)

 

 

2. カクテル編  ウォッカ・マティーニ (ヴェスパー)

007ジェームズ・ボンドの部屋 JAMES BOND  ウォッカ・マティーニ
ヴェスパー・マティーニ (画像はwikipedeaより)

 

ウォッカ・マティーニは、小説「カジノロワイヤル」で小説内のボンド(つまりイアン・フレミング)が考案し、その後ショーン・コネリー時代の007映画で何度も出てきたため一躍有名になった。

 

それまでマティーニはウォッカではなくジンがベースで、ベルモットを入れてステア(かき回す)のが一般的だった。

 

しかし、ボンド仕様のウォッカ・マティーニは下記を入れる

 

①イギリス産ゴードンズのジン

②ロシア産(またはポーランド産)ウォッカ (①②両方を入れる)

③フランス南西部ボルドー産アペリティフワインのキナ・リレ(通常のマティーニはベルモットを使う)

④薄くスライスしたレモンの皮(通常のマティーニはオリーブの実を入れる)

 

そしてステアでなくシェイクしてキンキンに冷やすのである。

 

ボンド映画の中では2006年の「カジノロワイヤル」でウォッカ・マティーニが復活した。
映画内でダニエル・クレイグのボンドが恋に落ちたヴェスパー・リンドの名前から「ヴェスパー」と命名した。

 

なお、現在ではカクテル専門店や有名なホテルのバーなどでは「ヴェスパー」または「ヴェスパー・マティーニ」とオーダーすればボンド仕様に近いウォッカ・マティーニを作ってくれる(現在キナ・リレは販売されていない)。

 

 

 

007,ジェームズ・ボンド,ジェームス・ボンド,ジェームズ・ボンドの部屋,007の部屋,

 

 

007ジェームズ・ボンドの部屋 JAMES BOND'S ROOMのトップ